子育てお役立ちブログ

2019年11月26日 <食のセルフケア>食べ物との付き合い方☆

こんにちは、発酵&食育アドバイザー Labnecco主宰の廣西です☆

寒くなってきて、皆様体調はいかがでしょうか?今年はインフルエンザが例年と比べて3か月も早いといわれているほどです。かかる原因として、

〇乾燥 〇体の免疫力低下 〇保菌者からの感染など いろいろあると思いますが、いろいろ気にしていたら外に出る機会をなくしてしまい、逆に運動不足となってしまい、体力も落ちてきてしまいます( 一一)

これでは冬太り・免疫力低下の原因になってしまいます。

DSC_8611

そこで、衣食住の中で、食の部分でお話をしたいと思います。

どの季節でも食材には【旬】というものがあります。旬は感じるだけではなく、食材でも味わうことができるので、ぜひ活用してほしいのですが、まず、冬は葉物や根菜類がでてきます。

ほうれん草・チンゲン菜・人参・ゴボウ・レンコンなどなど。

一番取りやすいのは、お味噌汁・けんちん汁・鍋など汁物と一緒になっているものではないでしょうか?離乳食時は味付け前に取り出せばいいのでとっても便利ですよね♪これらを摂るとその時に必要な栄養価を効率的にとることができるため、おススメです。

ちなみにお味噌で味をつける場合では豆味噌・赤味噌がおすすめです☆なぜかというと~
お豆が多い味噌は加熱を長くしても風味が飛びにくく、コクがあるため、冬のお野菜にとっても合うんです(^^)/ また、お味噌は発酵物のため、消化が良かったりもします。

コクだしに今ではとっても活用されているここ愛知周辺の御当地味噌。これを活用しながら、お野菜を丸ごといただくことはいろんな意味でGOODですよ!!!

また、どうしてもこの時期、チョコレートを食べる機会ふえていませんか??(笑)
これは、チョコレートは熱に弱いため 寒くなってきて宣伝・CM等で出るようになってくるため手に取ることが多いのでついつい買ってしまったり、スイーツでも増えてくるので多いのでは?

DSC_8448

チョコレートで吹き出物~という方も多いと思います。
チョコレートには油も含まれているため、自分の身体に対して油の量が多いと吹き出物というような形で外に出てこようとします。若い頃は新陳代謝が激しいため、多く顔にでたり、背中や胸辺りにでるかたも多いですよね?ただ外で見れるものは湿疹や吹き出物等で見ることができるので、気になり治そうと思いますが、それと同時に体の中もちょっと影響があることも知っておいてください☆

胃があれていたり、腸の調子が良くなくって便秘や下痢になったりしやすくなるため、食べ過ぎ・食べるものの種類など気を付けてみてください。

我慢できないときは、過剰の我慢はしない。けど、少量の我慢は次への楽しみとしてとっておくという柔軟性で美腸や美肌への近道にしてみてくださいね!

 

 

前のページに戻る